被害を発生させるトイレの水漏れ

被害を発生させるトイレの水漏れ 家庭には水を使う設備がいろいろとありますが、毎日必ず使う場所は限られます。複数回使うとなれば、だれでも必要なのがトイレです。水を大量に使う設備のひとつで、どんな家庭にでも欠かすことはできません。会社などでも設置されているのが当たり前で、使えるのが当然と思ってしまいますが、使えない場合も出てきます。水漏れを起こしたときなどですが、修理をしなければ機能的に問題が出てきますし、生活にも支障をきたすでしょう。便器の中にわずかに漏れているときはそのまま使えますが、水道代は24時間かかり続けるため、大きな影響を受けてしまいます。
他にもトラブルが起きる場合がありますが、自分で対処できるものかどうかの判断も必要です。生活に関わる以上、迅速に対処しなければいけないからです。

■長年使うことを前提にしているトイレ

トイレの水漏れはいろいろなことが考えられます。機能的な部分で見ると、用を足すための設備で、使用後に水を流して排水管に流します。水がなければ流すことができませんし、便器の中に一定の水を貯めこむことで、臭いや害虫が入ってくることを防いでいます。複雑な構造部分もありますが、陶器で作ることによってつなぎ目部分をできるだけなくし、水漏れすることも防いでいます。使った水は汚れているため、漏れたりすれば大きな被害を生み出すことになるので、さまざまな工夫を凝らしてあります。安心して長年使うためにも、一定の年数で交換しなければいけないパーツが出てくるという理解が必要です。

■陶器は割れたら元に戻らない
いつまででもトイレは使えると思い込んでしまうのは、陶器という材質からです。陶器は簡単に劣化するものではありません。耐久性という部分で考えれば、100年でも使えます。割れたりひびが入らなければ使い続けることができますが、他の部分はそうはいきません。すべてが陶器で作れるわけではなく、水道も接続しなければいけないからです。接続部分が出てくれば、そこから水漏れする可能性が高まります。
陶器の問題点として、強い衝撃を受けると割れることが挙げられます。一度でも欠けたりひびが入ったりすれば、陶器は元に戻りません。一時的な補修はできますが、恒久的な補修にはならないため、交換も考えなければいけない事態になります。

■水漏れが起きたらどうなるか

水漏れが起きればどうなるのかも想定することが大切です。トイレには大量の水があります。タンクにヒビが入って漏れているケースでは、水道側からの供給を止めなければ、どんどん流れてしまいます。これが大きな問題で、被害が思ってもみないところまで広がってしまう可能性があります。止水栓などで供給を止めてからでなければ、修理もできません。
流れ出た水は、その場にとどまるわけではなく、低い方へ流れていきます。床に染み込み下の階に流れることもあります。そうなると大きな被害を発生させますし、一戸建てであれば、構造部材を濡らし、シロアリなどの被害にもつながります。
いきなり水漏れが始まるわけではなく、何かしらの変化があるものです。その変化を見逃さないことが、大きな損害を食い止める大事な要素になるでしょう。

■まとめ
トイレの水漏れは、他の水回りの設備とは異なる独特の被害を生み出します。些細な変化であっても早めに気がつくことが重要ですし、メンテナンスを含め点検もしなければいけません。そうそう壊れる設備ではないのは確かですが、水漏れしたらどんなことが起きるのか、また、壊れた時の被害は小さくないことを理解しておくと、メンテナンスの重要性も理解でき、迅速に行動することができるでしょう。わからないことには対処できないため、知識を蓄えていくことが生活を守ります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース